先週は競馬をおやすみ
先週は競馬を休んで出かけてた。

マジンプロスパー強かったな。
正直ダッシャーゴーゴーと1.5キロ差はずるいと思ったぜw

ラジオニッケイはファイナルフォーム。
前走あんな斜行した馬だから応援しづらいな。
なんか納得がいかないぜ。

今週は七夕賞。
夏は牝馬と言われているけど今年はどうだ?

そろそろアニメイトバイオとか突っ込んできてもおかしくないが。
アスカクリチャンは距離がどうだろ。
ただその分おもいっきり脚を溜めるからその点に注意かな。

宝塚記念はさっぱり
オルフェーヴル強かったなぁ。
七分の出来って池江泰寿調教師は言ってたのに。

結局、テキのいうことも、トラックマンのいうことも当てにならねぇなw
◎以外をオルフェーヴルにつけたら失礼とかいって無印にしてたトラックマンがいたけれど
あっさり勝たれると凄いカッコ悪い。

おれもビートブラックとかエイシンフラッシュなんて買ってる場合じゃなかった。
素直にルーラーシップ軸にしてれば良かった。

気になるのはオルフェーヴルの今後。
凱旋門賞行くのだろうか?

秋競馬を盛り上げる為に怪我だけはしてほしくないな。

宝塚記念の予想
緑本によると・・・

【人気】勝ち馬の半数が5番人気以下
【配当】小~中波乱の傾向
【前走】天皇賞以外なら1~2着
【年齢】4歳馬が圧倒的に強い

ということだ。

そもそも1番人気は何になるんだろう?
やっぱオルフェーブルか。

展開的にはネコパンチが前に行ってハイペースになるのかな。
アーネストリーは往年のスピードが無いし、
前に行って粘れそうなのはビートブラックくらい。
天皇賞1着馬だし、買っておきたい。

後はエイシンフラッシュもいいな。
そこそこ前に行けるし、展開が向きそうだ。

最初はウインバリアシオン、ショウナンマイティが気になっていたけど
ちょっと脚質的に内枠は両頭とも向かないだろう。

後はウイリアムズのルーラーシップと
来週から海外へ行く福永のトゥザグローリー。
穴はナカヤマナイト。

まぁ取り敢えずビートブラックとエイシンフラッシュを両軸にした
3連複でも買おうかな。

明日は家でIPATでまったり観戦予定。

マーメイドステークスの結果
俺が指定した3頭はどれも撃沈。

結局、今年は軽量馬3頭で決まった。
グルヴェイグはやはり騎手が素晴らしい。

ペースが早いと見るや馬群の中に付けて折り合わせていた。
臨機応変に対応できるところも素晴らしい。

今週は宝塚記念で、ルーラーシップに乗るけど、これにも期待してしまうな。
ただ宝塚記念は「混戦」と見ているし、
週末の天気も気になる。

大雨ならネコパンチがまた来たりして。
ペース的にはハイペースだからよほどの道悪じゃなければ
追い込みが決まりそう。

ショウナンマイティがそれっぽいけど、
母父ストームキャットがきになる・・・

となるとウインバリアシオンかなぁ。
まぁこれも母父ストームバード(ストームキャットの父)だから
どうなんだ・・・

前に行きすぎなければ、という条件ならエイシンフラッシュがいいかも。

マーメイドステークスの予想
【実績】過去の重賞実績は「不問」というより「不要」
【人気】ハンデ戦になってから1番人気はすべてが着外
【斤量】56キロ以上は勝ったことがない
【年齢】4歳馬は0勝2着1回。4歳馬より6歳馬が好成績。

ということだ。

今回はグルヴェイグが人気も、
1000万下勝ち直後の馬を信用したくないような・・・

先行する馬も多いし、ハイペースが予想される。
そう考えると後方でじっとしている馬か、
落ち着いてマイペースで道中運べる古馬か。

これに当てはまりそうなのは、アニメイトバイオ、メルヴェイユドール、
レジェンドブルー。

取り敢えずこの3頭を絡めた3連複を購入予定。
後は当日の馬体と馬場状態を見てから決めたい。

今週は当てたい!

先週もさぼってしまった
まぁさぼったのはブログ更新なんだけど。

エプソムカップは皆と同じように
マイネルスターリーが買えなかった。

「穴なら先行馬だ!」と思ったのは良いものの、
トップゾーンを買ってしまった。

マイネルスターリーは調教もずぶくて
頭も上がっていいところは無かった。

けど、スロー決着で決してレベルの高いレースとは言えない中で
鞍上の柴田大知が思い切った競馬をしていたのが功を奏した。

これが丹内だったら中団で可愛がって伸びずに
掲示板すら外していただろう。

柴田大知はその内、G1も取りそうなくらい
切符の良い乗り方をするようになったなぁ。

今年に入ってからも穴を開けまくっているし
これからも注目しておこう。